DJミキサーXONE92 使い方説明

なぜ定番のパイオニアでなく、アレン&ヒースのミキサーを導入しているのかというと、単純に音が良いからです。

ミックスフィーリングは唯一無二で、海外から来る有名ゲストDJは使用機材としてXONE92を指定してくるほどです。

XONE92はEQが4つある時点で敬遠されがちなのですが、ミドルが2つに細かく分かれてるだけなので慣れれば問題ありませんし、ロングミックスする人にとっては、混ざりが抜群によく使いやすいです。

LFOとかいろんな機能&ボタンがありますが、実際使わない機能多いです。

なので使わないボタンは押さない!触らない!で大丈夫です。下手に色々いじると変な機能がONになってたりするので、使うボタンだけ操作しましょう。

 


まずは重要なヘッドホンモニターから説明していきます。

赤い円で囲ったPOST EQというボタン。

これは何かというと、パイオニアなどのミキサーは通常ヘッドホンモニターは、チャンネルのEQを反映する仕様です。

そして、このPOST EQボタンを押しているとパイオニアと同じくEQを反映した音がヘッドホンに出力されます。

 

しかし、POST EQを押していないと、EQを反映せずフラットな音が出力されます。(たとえEQを全てゼロにしていてもヘッドンモニターはフラット)

個人的にはパイオニアなどで慣れてるのもありPOST EQを押してる方がピッチ合わせしやすいですが、これは個人の好みもあると思います。

ちなみにPOST EQボタンはXONE92とXONE96のみの機能で他のXONEシリーズには無い機能です。

 

その下のSPLIT CUEボタンは押していると、ヘッドホンの右(R)からはマスター音、ヘッドホンの左(L)からはモニター音(CUE)、という感じで完全に振り分けて出力してくれます。

 

その下のAUX1 & AUX2は通常使わないので押さないで下さい。しかも押されているとマスターインジケーターが表示されません。

 

その下のMONITORノブは、画像のように完全に左にまわしているとヘッドホンの中はCUE(モニター音)のみが100%で出力されます。

ADD MIXの方に回していく事により、徐々にマスターの音もヘッドホンの中で混ぜていく事ができます。

※SPLIT CUEがONになってるとSPLIT CUEが優先されますのでご注意下さい。

※CUEが押されていないとヘッドホンの中は自動的にマスターの音が出力される仕様です。無音にはなりません。

 


続いて、クロスフェーダーへのチャンネル振り分けと、クロスフェーダーカーブの設定を説明します。

チャンネルフェーダーの上にある金属のスライドスイッチ(赤丸で囲ってるところ)で、X or OFF or Yと切り替えが出来ます。

チャンネルをクロスフェーダーへ振り分けると、クロスフェーダーの上の緑のランプが点灯するので分かりやすいです。

使わない人はOFFにしておきましょう。

 

クロスフェーダーの左手にクロスフェーダーカーブの設定ができるダイアルがあります。

ダイアルの下にグラフがあるので分かりやすいですが、一番右に回すと、スクラッチなどで使用する一番ハードな設定になり、一番左に回すとMIXカーブになります。


続いてA&Hのミキサーといえば、フィルターです。

このフィルターを使いたいが為、A&Hを使ってる人もいるほど。

XONE92では左右に二基搭載していますので、片方はローパス、片方はハイパスなんていう使い方も出来ます。

 

先ほどのクロスフェーダーへの振り分けスイッチの上にある、金属のスライドスイッチで、どちらのフィルターを使用するか指定ができます。

これも、1 or OFF or 2と切り替え可能です。

大抵は1&2チャンネルは左のフィルター1、3&4チャンネルは右のフィルター2に振り分けてる事が多いです。

 

そのフィルター(HPF)ボタンの上にある赤丸で囲った小さいボタンはクロスフェーダーでフィルターをコントロール可能にする機能のON,OFFボタンです。

クロスフェーダーをOFFにしていても、フィルターを使う時にこのボタンが点灯していると、クロスフェーダーの位置でフィルターが効いてしまうので気をつけて下さい。

常にOFF推奨です。

 

フィルターの振り分けを確認したら、次にフィルターを使っていきます。

フィルターは主に、HPF ハイパスフィルター(低音をカットしていくフィルター)と、LPF ローパスフィルター(高音をカットしていくフィルター)があります。

真ん中のBPF バンドパスフィルターはあまり使わないので省略します。

 

まずはHPFですが、HPFの文字の下にグラフがあるのが分かりますか?

フィルターは大抵ゼロから徐々に効かせていくことが多いので、ノブを左にしておきます。(HPFグラフのゼロ地点)

そしてその下の青いボタンがフィルターのON,OFFボタンなので、これを押してノブを右にまわしていくと徐々にハイパスフィルターがかかります。

 

次にLPFですが、HPFとグラフが逆なので、まずはフィルターのON.OFFボタンを押してOFFにしておきます。(これ重要)

OFFにせずに、いきなりフィルターを切り替えてしまうと、HPFのゼロが、LPFのマックスになってしまうので、いきなり音が消えるような感じになってしまいます。

OFFにしたのを確認してから、フィルターを切り替え、LPFのゼロ地点、ノブを右にしておきます。

そしてフィルターをONにしてLPFをかけていきます。

 


最後に、これは当店オリジナルですが、センドリターンでエフェクターのディレイ(エコー)を接続しています。

難しそうだから使わないよって人はスルーしてください。

※使用には事前予約が必要です。

 

DJがよく使うエフェクトはフィルターだと思いますが、次によく使うのはエコー(ディレイ)だと思います。

むしろこの2つ以外はあまり使わない人も多いと思います。

DJ MIXで、カットアウトするチャンネルにエコーかけて余韻を残しながら、次の曲をカットインという使い方をする人も多いと思いますので、きれいな余韻の為に専用のエフェクターを用意しました。

 

これは本来ギター用なのですが、シンセサイザーで使ってる方も多く、DJミキサーとの相性も良いので導入しました。

マイクにエコー(ディレイ)をかける事も出来ますので、カラオケのような感じにもなり、歌い手の方にも好評です。

 

DJミキサーとはセンドリターンで接続してあります。

ひとえにディレイ(エコー)と言っても様々な音作りが可能ですが、DJ用途としては、空間の広がり感、きれいな余韻、という感じで音を作っています。

基本的に、画像のようなノブの位置で良いと思います。

これは事前に設定しておくので、下手にいじらない方が良いです。

実際に操作してもらうのは、TAPボタンのみです。

ここを曲のビートに合わせてタッピングして下さい。

BPM(ビート)が、ずれているときれいな余韻はつくれません。

右のBYPASSボタンが、このエフェクターのON.OFFボタンです。

もし、使わない人はBYPASSボタンをOFFにしておけばそれだけで大丈夫です。

 

次にミキサー側での操作ですが、チャンネルの一番上にあるAUX1ノブで、エフェクターにどのぐらい信号を送るのかという操作をします。

これがエフェクターの効き具合を調整するノブです。

ここをゼロにしておけば、そのチャンネルにはエフェクターはかかりません。

基本は必ずゼロにしておいて下さい。

 

注意点は、小さい赤丸で囲ってあるPREボタンです。

AUX1ノブがゼロじゃない状態で、ここが押されてると、チャンネルフェーダーを下げても、エフェクターに信号を送るPREフェーダーモードになるので注意して下さい。(つまりチャンネルフェーダーを下げても、エフェクターからの音が鳴り続ける)

逆に原音をカットして、エフェクターの音だけで操作したい場合には有効ですが、複雑なのでPREボタンは押さないで下さい。

 

先ほどのAUX1の操作は、信号を送る(センド)操作でしたが、こちらはリターンです。

リターン側は、事前に最適な位置にしておくので、操作する必要はありません。

参考までに確認しておいて下さい。

ちなみに上の赤丸で囲ったボタンでリターン (LINE)か、(MIC)か選択します。

フェーダーの上の金属のスライドスイッチでこのチャンネルをONにしています。

フェーダーはリターン信号のレベル操作ですが、基本的にセンド側(AUX1)ノブで操作する為、リターン側は触らなくて大丈夫です。