Berlingut in Japan 2018 Day2

Date / 

Sunday, 4 Nov 2018

17:00-22:00

 

Door / 

2000yen

Adv / 

1000yen

 

Line-up /

Martin Patino (Cadenza Music)

 

 

ドイツのエレクトロニックミュージックシーンの最前線で活躍するアーティスト達が日本各地でプレイをするツアー"Berlingut in Japan"

東京は11/3に中目黒solfa、11/4は渋谷White Space Labで開催される。

ドイツ大使館もサポートしているドイツ公認の注目イベント!

Martin Patinoは、Lucianoによるトップ・レーベルCadenzaをはじめ、Freerange, Moodmusic, Local Talk, Tranpez, Suara, Rotary Cocktailなどの世界的な知名度を誇るレーベルから多数のリリースを重ねTechno、DeepHouse、Experimental等、幅広い要素を混ぜた独自の世界観で人気のアーティスト!

 

Tours "Berlingut in Japan" where artists active at the forefront of German electronic music scene play in all over Japan.

Tokyo will be held at Nakameguro solfa on November 3 and Shibuya White Space Lab on November 4.

German embassy also supports German official recognition event!

 

Adv Ticket

https://jp.residentadvisor.net/events/1160064

Martin Patino (Cadenza Music) 

エレクトロ、クラシック、エクスペリメンタルのはざまで、幅広い感性を持ちつつもスタイルとコンセプトに一貫性を持ったプロデューサーがいる。ペルー人のルーツを持つイタリア生まれのMartin Patinoは、南アメリカ音楽、20世紀のエクスペリメンタル、クラッシックの印象主義からOliver Sackの音楽の神経科学まで様々な要素をダンスミュージックに融合させるのだ。

Cadenza, Freerange, Moodmusic, Local Talk, Tranpez, Suara, Rotary Cocktailなどの世界的な知名度を誇るレーベルから出されている彼のリリースは、ディープハウスからチル・アウト、テクノやエクスペリメンタルにまで及ぶ幅広い要素を混ぜた、力強く質の高い作品であるといえるだろう。 Cadenzaから出ているMusic"Hunter"、Suara Recordsの"Mindgames"、MBF Ltdの"Michal"、Freerangeリリースでビートの少ない"Make Love"、など、膨大な彼の作品の中でも異彩を放つこれらの作品は、今どきの流行に妥協せず、時代を超えて色あせない音楽的名作である。

彼の初のライブショーはサボテンをバイオリンの絃で演奏するという想像を超えたものであり、その場に熱狂の渦を巻き起こした。Martinはチューリッヒ、バトゥミ、キエフ、リマ、サンパウロ、バルセロナ、ミラン、ベルリン、ニューヨークなどの有名都市や、ほかにも多くの場所での公演を行っている。このアーティストの近年の活躍は目覚ましいものであり、疑いようもなく、彼は注目に値する人物であるといえるだろう。

 

Somewhere between electronic, classical and experimental music, we find an eclectic producerwhose extremely colorfuloutput stil maintains a coherence of style and concept.Born in Italy with Peruvian roots, Martin Patiño lets his dance music free to absorb different elements from South American culture, experimental works from the 20th century, classic impressionism and Oliver Sacks's neuroscience of music.

His various releases on internationally renown labels like Cadenza, Freerange, Moodmusic, Local Talk, Trapez, Suara and Rotary Cocktail contributed to a solid and respectable discography, ranging from deep house to chill-out, including elements from techno music and experimental structures.

“Hunter” on Cadenza Music, „Mindgames" on Suara Records, “Michal” on MBF Ltd and the beat-less „Make Love" on Freerange represent just some of the many works that do not respect any stylistic trend and that can only be categorized as timeless music pieces. His Live show generated enthusiasm since its debut gig, by playing a real cactus on stage with a violin bow! Martin keeps on spreading music all around the world, with shows on New York, Berlin, Milan, Barcelona, Sao Paolo, Lima, Kiev, Batumi, Zurich and many other places on calendar. The development of this artist over the last few years makes him undoubtedly someone to keep our eyes on.